周囲に理解してもらう

周囲からのサポート

双極性障害の治療方法として、薬以外に周囲からのサポートを受ける方法が挙げられます。周囲に理解してもらえない状況が続いておくことによって、神経が安定しなくなってしまいます。また、症状を悪化させてしまう恐れがあるので、要注意であるといえるでしょう。周囲から現在の状態について声掛けを行ってもらったり、コミュニケーションの方法を変えてもらったりすることによって、薬に頼りきらずに症状を軽くさせていくことが出来るでしょう。なお、最もサポートを行うことが必要なのが、家族となっています。自宅にいる間は常に生活を共にしているため、小さい変化についてしっかりと把握し、改善を進めていくことが可能になっています。

躁状態とうつ状態

双極性障害を薬以外で改善する際は、周囲からのサポートを行うことが必要ですが、躁状態とうつ状態ごとに対応を分けていくことが大切です。うつ状態になってしまうと気分が落ち込んでいるため、優しく接するなど精神的な攻撃は行なわないことが大切です。また、側にいるという方法だけでも、患者の心を安定させていくことが出来るので、双極性障害の症状を和らげることが出来ます。逆に躁状態になってしまうと、感情的になってしまうため、判断を上手く下せない状態になってしまいます。その時は家族が薬の服用を促したり、感情が高ぶっている原因を把握したり、気持ちを抑える方法について相談をしながら決めていく必要があります。そのことによって、双極性障害による気持ちの波を安定させていくことが出来ます。