気持ちを切り替える

医師からのアドバイス

双極性障害を改善する方法として、薬の服用が挙げられますが、その他にも気持ちのコントロール方法についても医師からアドバイスを受けることが可能になっています。このようなアドバイスをしっかりと踏まえることで、スムーズに双極性障害の症状を改善することが出来ます。躁状態とうつ状態の波を沈めるために、医師からも考えた対策方法が提案されるので、これらの情報をもとに改善を進めていくようにしましょう。また、周囲によって協力を得ることも症状の改善に良い効果を発揮させていくことが可能になっています。気分に波が現れそうになったと感じたら、周囲によるサポートを受けて、気持ちの変化を未然に防いでいくようにしましょう。そのことによって、症状を悪化させてしまうことを防ぐことが出来るので、ストレスを感じてしまうことを減らすことが出来ます。

気持ちのコントロール

双極性障害は薬と気持ちのコントロールを上手く組み合わせていくことが重要になります。薬で気持ちの波を安定させて、このような感覚を覚えていくようにしましょう。安定させている時間が長く継続するほど、慣れていくことが出来るので、薬の量を減らし躁状態とうつ状態の繰り返しを徐々に減らしていくことが出来ます。また、双極性障害を克服することによって、苦難を乗り越えることが出来たという自身に繋げることが出来るため、将来にとってプラスに働かせることが可能となります。

双極性障害と診断されたら薬を服用しよう

双極性障害は、近年増加の傾向にあります。 以前は、躁うつ病とも言われていましたが、現代では双極性障害と言われています。 気分障害と分類されている疾患の1つで、両極端な症状を発するのでそう呼ばれる事もあり、慢性の病気です。生活に支障をきたし入院という場合もあります。うつ病とわからい程度の症状は、軽躁うつ病です。元気にしていたのが急にガクッとなり、気分が沈んだりします。例えば、仕事では休暇を取っていてもプライベートでは元気な為、周囲の方からは理解し難い症状です。嫌な事には気が進まなく落ち込んだりしますが、やりたい事や好きな事には元気に積極的に行動すのも特徴です。嫌な部分を取り除くのが治療の方法の1つでもあります。薬と併用に取り入れています。

早期発見早期治療が早道

双極性障害かもしれないと周囲の方が気づかれたら病院やクリニックや専門家の受診をお勧めすると良いです。その時には、家族や友人など周囲の方が付き添われる事をお勧めします。薬やカウンセリングで心理状態などの理解や原因を消去してあげたりと治療が始まります。双極性障害は、様々な症状を発しますので、周囲の方が混乱される事もあります。ひどい症状の時は、薬はもちろんの事、入院も治療の方法です。少しでも気づきがあれば検査を勧めましょう。最悪の場合は、自分の存在を否定する事もあります。 薬や専門家のアドバイスを受けしっかり治して大切な人が元気になるように協力します。1人で苦しみながら解決はできませんので病院やクリニック、専門家のカウンセリングやアドバイスを利用して明るさや元の自分を取り戻す事です。