波を小さくする

双極性障害を改善するためには、躁状態とうつ状態の気分の波を小さくする必要があります。躁状態の時は気分を沈めることが必要であるため、テンションを下げる効果のある薬を服用しましょう。

» 詳細を確認する

気持ちを切り替える

薬による治療の他にも、双極性障害は気分の持ちようによって回復することが出来ます。気分に波が現れそうになったら、上手く気持ちを切り替えて感情をコントロールしていくことで、症状を抑えることが出来ます。

» 詳細を確認する

自分を認める

双極性障害には、自己否定や被害妄想に陥ったりする場合がほとんどとなっています。薬の服用に限らず、自分を褒めたり認めたりすることによって、これらの症状を改善することが可能となっています。

» 詳細を確認する

気分の高まりが特徴

気分をコントロール

双極性障害とは、うつ病とは異なって、気分の高まりが長く続いてしまうことが特徴の病気となっています。傍から見ると明るい人というイメージを持たれると思いますが、場面を選ばずにテンションが高揚してしまうことがあります。周囲から信頼を失われるなどの影響を受ける場合があるため、改善すべき病気であるといえるでしょう。なお、双極性障害は薬を摂取することによって、気分をコントロールすることが出来るため、症状を改善させていくことが出来ます。徐々に気分を落ち着かせる練習を重ねていくことによって、双極性障害を克服させることが出来ます。なお、薬を処方してもらうためには、精神科の受診が必要になるので、現在の症状について伝えておいて診断を行ってもらうと良いでしょう。そのことによって、改善するために必要な対策を紹介してくれるので、それに従って進めていくようにしましょう。

考えることがなくなる

双極性障害では、落ち着かない状態が続いてしまいますが、ひどくなってしまうと周囲に攻撃的になったり、被害妄想が現れたりしてしまうことがあります。他にも衝動買いがひどくなったり、浮気に走ってしまったりなど、後先について考えずに行動を進めてしまうという事も目立ってしまいます。そのことによって、ストレスを感じるようになったり、人間関係が絶望的に悪くなったりしてしまうため、とても深刻な状態になってしまうことでしょう。このように、双極性障害は心理的な病気の中でも注意すべきものであると言えます。

双極性障害に効く薬について

 双極性障害に効く薬にはどのようなものがあるかというと、まず気分を安定させる必要があることから気分安定薬を投与することになります。躁状態の解消にはリチウムやバルプロ酸、カルバマゼビンなどを含む気分安定薬が効果的とされます。双極性障害の場合の治療には最も基本的に使用されています。  ほかに非定型抗精神病薬といわれるアリピプラゾールやオランザピンなども効きます。この二つは主に統合失調症に用いられていますが、双極性障害にも有効とされているので投与しても問題はありません。統合失調症と双極性障害は見た目には似たような症状が現れますので、解消させるにはこの二つも有効といえるのです。気分安定薬と併用しておくことでより効果があります。

自己判断は避け医師の指示に従うこと

 双極性障害の治療においては、一般的に治療期間がどうしても長期化してしまう傾向があります。また、この病気は治ったとしても再発率が高めなことも特徴ですので、再発予防のために服用し続ける必要があります。  患者によっては副作用のきつさから途中で服用を断念してしまったりすることもありますが、辛くても飲み続けておくことが大事です。また治った場合においてもすぐに服用を止めてしまうことはせずに少しずつ間隔を開けておいて薬なしでも平気でいられるようになれさせておくことも大事なことです。  実際の双極性障害の治療においては薬物療法だけではなく、精神療法、認知療法や通電療法など多彩な治療法を使うと共に患者が日頃している生活習慣の改善指導についても行ってています。

生活リズムを整える

生活リズムを整えることによって、脳からの指令も安定するようになるため、薬と併用して改善を進めていくようにしましょう。また、継続が重要なので、双極性障害克服のために定着させていくことが重要になります。

» 詳細を確認する

周囲に理解してもらう

双極性障害の状態を改善するためには、周囲に理解してもらうことが重要になります。接し方や関係を変えていくことによって、症状を抑え克服することが出来るので、薬よりも高い効果を発揮させることが出来ます。

» 詳細を確認する

睡眠薬を導入する

双極性障害ではテンションがハイになってしまい、覚醒状態が続いてしまうことがあります。眠れない状況が続く事もあるので、生活リズムに乱れが生じないように睡眠薬を摂取することが必要になります。

» 詳細を確認する